スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「病院にノーメークで行け」…薬物不正入手(読売新聞)

 大阪市西成区の生活保護受給者から不正入手した向精神薬をインターネットで違法転売したとされる事件で、神奈川県横須賀市、無職大沢広一被告(41)(覚せい剤取締法違反などで起訴)ら2人の自宅など関係先から、向精神薬と医薬品計約1万錠が見つかっていたことが20日、捜査関係者への取材でわかった。

 大沢被告は34都道府県のほか、米国にも薬を販売していたことも判明。神奈川県警は、大沢被告らが大量の薬物を日常的に入手し、ネットを通じて広範囲に転売していたとみて調べている。

 捜査関係者によると、県警は昨年11月?今月上旬に大沢被告と、向精神薬などを受給者から買い取って大沢被告に渡していたとされる大阪市港区、無職栗山一郎容疑者(53)(同法違反容疑などで逮捕)らの自宅など約10か所を捜索した。

 その際、不眠治療に使われるハルシオンや、精神安定剤のデパスなど35種約1万錠の向精神薬や医薬品を押収した。大沢被告の自宅からは、約80人分の顧客リストも見つかり、販売先は国内外に広がっていたことが分かったという。

 一方で、栗山容疑者の自宅には、「頭がボーッとする」「興奮して落ち着かない」など個別の症状に合わせた向精神薬の名前と用量が記されたメモがあった。県警はメモに記した症状を基に、受給者に指示して必要な薬物を入手していた疑いがあるとみている。

 2人は、知人の女に薬の入手を指示することもあったが、「病院にノーメークで行け」「医者に『だるい』『やせたい』と言え」などと、具体的に話していたという。

 栗山容疑者は数年前、自ら生活保護受給者を使って薬を入手していたが、「バイヤー(暴力団組員)が入ることで、一度に多くの薬を仕入れられるようになった」と供述。受給者を巻き込んだ貧困ビジネスが急速に広がったとみられる。

「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
「厚労省版マニフェスト」発表、全省庁で初(医療介護CBニュース)
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。