スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSUPA方式の携帯電話、ペースメーカーに影響せず(医療介護CBニュース)

 NTTドコモなどが昨年度導入した、「HSUPA方式」を用いて高速データ通信を行う携帯電話の電波が、心臓ペースメーカーや除細動器などの植え込み型医療機器に影響しないことが、総務省が5月17日に公表した調査結果で分かった。

 調査は、現在使用されている代表的な植え込み型心臓ペースメーカー41機種、植え込み型除細動器28機種を対象に実施。800MHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯のそれぞれの周波数で、HSUPA方式の携帯電話の電波が与える影響を調べた。

 その結果、除細動器に対しては、いずれの周波数でも影響がなかった。一方ペースメーカーでは、800MHz帯で最大で2センチメートル、影響のレベル6段階の2「持続的な動悸、めまいなどの原因になり得るが、その場から離れるなど、患者自身の行動で回復できるもの」の影響があった。ただし現在、800MHz帯ではHSUPA方式通信サービスは運用されていない。

 総務省の「各種電波利用機器の電波が植え込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」では、携帯電話を植え込み型医療機器の装着部位から離すべき距離を22センチメートルとしている。これは第2世代携帯電話の一部の機種が影響した距離15センチメートルを基に設定したもので、現在も第2世代携帯電話のサービスが継続していることから、総務省はこの指針を維持している。ただ、現在使用されている携帯電話全体の98%を占める第3世代携帯電話は、過去の調査で、影響するのは最大で8センチメートルとされている。
 総務省の担当者は、「第2世代携帯のサービス終了などがあれば、指針を見直す必要がある」との考えを示している。


【関連記事】
携帯で救急医療の効率化目指す
「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会
画像伝送システムを実証実験―消防庁検討会
携帯の画像伝送、救急現場で一定の評価
心臓ペースメーカなどの添付文書改訂を指示―厚労省

小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
ニセ女医事件、病院は医師検索システム知らず(読売新聞)
基地負担、沖縄より全国へ分散=政府の基本方針で―北沢防衛相(時事通信)
「仮面ライダー」マスクを無断販売=著作権法違反容疑、男を逮捕?千葉県警(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。