スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並・親子強殺 元日大生に2審も無期懲役(産経新聞)

 東京都杉並区で無職、野元富恵さん=当時(86)=と長男の新一郎さん=同(61)=が刺殺され、現金が奪われた事件で、強盗殺人罪などに問われた元日大生、志村裕史被告(25)の控訴審判決公判が17日、東京高裁で開かれた。小西秀宣裁判長は「完全責任能力を認めた1審判決の判断に誤りはない」として、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した1審東京地裁判決を支持、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。

 弁護側は「犯行当時は精神障害に基づく心神喪失か心神耗弱だった」と主張し、刑事責任能力が争点となっていた。1審では、弁護側請求の鑑定医が責任能力を完全否定する一方、検察側請求の鑑定医による再鑑定では「責任能力に問題はない」として、結論が別れた。

 1審判決は完全責任能力を認定したが、「更生の可能性がないとはいえない」として死刑を回避した。

 小西裁判長は「被告の刑事責任は誠に重大」とする一方、「あらかじめ強盗殺人を計画していたわけではなく、被告が若年であることなども考慮すれば極刑に処するほかないとまでは断定しがたい」として、1審判決を支持した。

 判決によると、志村被告は平成19年1月25日午前3時ごろ、野元さん宅で2人を殺害、現金を奪うなどした。

【関連記事】
元日大生、再び無罪主張 東京・杉並の親子強殺控訴審
無期判決に検察、弁護側双方が控訴 杉並の親子殺害
元日大生に無期懲役判決 東京・杉並の親子強殺
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

囲碁 左上で競り合いへ 本因坊戦第4局1日目(毎日新聞)
自賠責や被害者給付金も変更へ 顔の傷訴訟確定「男女平等…当然」 (産経新聞)
W杯、日本は何位? 「優勝」4.2%、奇跡を期待(産経新聞)
14公共事業を中止・休止=09年度政策評価―総務省まとめ(時事通信)
軽自動車衝突され4人負傷=対向車の男逃走、仙台で確保―宮城県警(時事通信)
スポンサーサイト

挙式前に、尿再生水で乾杯=環境デー、水の大切さ訴え―神戸(時事通信)

 浄化した尿で乾杯―。世界環境デーの5日、水の大切さを訴えようと、結婚式を控えたカップルが尿を再生した水で乾杯するユニークなイベントが神戸市中央区のホテルで行われた。
 イベントに参加したのは、26日に結婚式を予定している大阪府藤井寺市の会社員渡辺誠さん(24)と宮崎梨重子さん(26)。ホテル内の教会でタキシードとウエディングドレスに身を包み、乾杯のかけ声とともに、お互いの再生水を恥ずかしそうに飲み干した。
 誠さんは「どんなことがあっても乗り越えられるようにと思って参加した。臭みもなく、普通の水よりおいしいくらい」。梨重子さんも「緊張したけど、やってよかった」と笑顔で話した。
 1995年の阪神・淡路大震災で被災し、水の大切さを痛感したという神戸市灘区出身の寺井広樹さん(29)が企画。宇宙飛行士の若田光一さんが、尿の再生水を宇宙で飲んでいる映像を見て思い付いたという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
地球の重力「首振ると違和感」=帰還の野口さん、米国へ

<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)
エイブル元店長「前担当者から引き継ぎ」 店ぐるみで敷金水増しか(産経新聞)
「日米同盟への影響心配」首相辞任に米も衝撃(読売新聞)
「雷鳥」来春でお別れ…大阪と北陸結び46年(読売新聞)
<名古屋空港>9路線「維持は困難」 日航、県に回答(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。