スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並・親子強殺 元日大生に2審も無期懲役(産経新聞)

 東京都杉並区で無職、野元富恵さん=当時(86)=と長男の新一郎さん=同(61)=が刺殺され、現金が奪われた事件で、強盗殺人罪などに問われた元日大生、志村裕史被告(25)の控訴審判決公判が17日、東京高裁で開かれた。小西秀宣裁判長は「完全責任能力を認めた1審判決の判断に誤りはない」として、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した1審東京地裁判決を支持、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。

 弁護側は「犯行当時は精神障害に基づく心神喪失か心神耗弱だった」と主張し、刑事責任能力が争点となっていた。1審では、弁護側請求の鑑定医が責任能力を完全否定する一方、検察側請求の鑑定医による再鑑定では「責任能力に問題はない」として、結論が別れた。

 1審判決は完全責任能力を認定したが、「更生の可能性がないとはいえない」として死刑を回避した。

 小西裁判長は「被告の刑事責任は誠に重大」とする一方、「あらかじめ強盗殺人を計画していたわけではなく、被告が若年であることなども考慮すれば極刑に処するほかないとまでは断定しがたい」として、1審判決を支持した。

 判決によると、志村被告は平成19年1月25日午前3時ごろ、野元さん宅で2人を殺害、現金を奪うなどした。

【関連記事】
元日大生、再び無罪主張 東京・杉並の親子強殺控訴審
無期判決に検察、弁護側双方が控訴 杉並の親子殺害
元日大生に無期懲役判決 東京・杉並の親子強殺
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

囲碁 左上で競り合いへ 本因坊戦第4局1日目(毎日新聞)
自賠責や被害者給付金も変更へ 顔の傷訴訟確定「男女平等…当然」 (産経新聞)
W杯、日本は何位? 「優勝」4.2%、奇跡を期待(産経新聞)
14公共事業を中止・休止=09年度政策評価―総務省まとめ(時事通信)
軽自動車衝突され4人負傷=対向車の男逃走、仙台で確保―宮城県警(時事通信)
スポンサーサイト

挙式前に、尿再生水で乾杯=環境デー、水の大切さ訴え―神戸(時事通信)

 浄化した尿で乾杯―。世界環境デーの5日、水の大切さを訴えようと、結婚式を控えたカップルが尿を再生した水で乾杯するユニークなイベントが神戸市中央区のホテルで行われた。
 イベントに参加したのは、26日に結婚式を予定している大阪府藤井寺市の会社員渡辺誠さん(24)と宮崎梨重子さん(26)。ホテル内の教会でタキシードとウエディングドレスに身を包み、乾杯のかけ声とともに、お互いの再生水を恥ずかしそうに飲み干した。
 誠さんは「どんなことがあっても乗り越えられるようにと思って参加した。臭みもなく、普通の水よりおいしいくらい」。梨重子さんも「緊張したけど、やってよかった」と笑顔で話した。
 1995年の阪神・淡路大震災で被災し、水の大切さを痛感したという神戸市灘区出身の寺井広樹さん(29)が企画。宇宙飛行士の若田光一さんが、尿の再生水を宇宙で飲んでいる映像を見て思い付いたという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
地球の重力「首振ると違和感」=帰還の野口さん、米国へ

<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)
エイブル元店長「前担当者から引き継ぎ」 店ぐるみで敷金水増しか(産経新聞)
「日米同盟への影響心配」首相辞任に米も衝撃(読売新聞)
「雷鳥」来春でお別れ…大阪と北陸結び46年(読売新聞)
<名古屋空港>9路線「維持は困難」 日航、県に回答(毎日新聞)

うつ病にならないようにする方法(Business Media 誠)

 あるテレビ番組で「うつ病になりやすい人の特徴」が紹介されていました。「真面目で責任感が強い」「内省的」「心配性でネガティブな方向に考えがち」「几帳面」といった項目が挙がっていたのですが、それを聞いていて「まさに自分の性格だなあ……」と思いました。

【拡大画像や他の画像】

 今のところまだ、うつ病を患ったことはありませんが、その理由の1つは「すごく気を付けてきたからだ」と思っています。「『自分だけは大丈夫』と思っている人が危ない」と聞くこともありますが、ちきりんの場合はその反対で、「自分は気を付けないと、うつ病になるかも」とずっと心配してきました。だから、常に気を付けています。ある意味、「予防的な認知療法をやってきた」という感じでしょうか。

 その結果として“とりあえず今のところ”うつ病にならずに済んでいると思うので、できればこのまま頑張って、一生患わずに済ませたいものです。

●“モノを考えない性格の人”と付き合うようにする

 「何にどう気を付けているか」というと、まず、なるべく“モノを考えない性格の人”と付き合うようにしています。と書くと「ワタシのこと?」「オレのこと?」と驚く友人が何人もいそうですが、これはもちろん悪口ではありません。

 楽観的で何でも前向きに考えて、失敗しても大笑いして済ませることのできる人たちと一緒にいると、「こんなに大変なことでも、こういう風に受け止めればいいんだ」と学ぶことができます。時にはあまりにのんきに見える友人も、ちきりんにとっては大事なメンタル・コーチです。

 反対に、自分と同じように内省的で考え過ぎる人に出会うと、深く理解し合えるメリットはあるのですが、一方で「生きる意味は?」「これが人生で今やるべきことなのか?」というように、答えのない議論を突き詰めたり、傷口をさらすことになってしまったりして、お互いにピリピリしてしまい、時には怖く感じることもあります。

 「もっともっともっと考えないといけないんじゃないか?」と思いがちなちきりんにとって、何を議論していても、5分もすれば「難しい話はそこまでにして、とりあえず夕食は何食べる?」と話を変えてくれる人は本当に貴重な存在です。

●一定以上の努力が必要なことはしない

 もう1つ気を付けているのは、「一定以上の努力が必要なことはしない」ということ。別の言い方をすれば、「自分の能力を大きく超えた目標を立てない」ということです。

 真面目な人は、いったん高い目標を立てると最後まで頑張ってしまいます。適当に済ませることができず、「できなくてもいいや、仕方ない」と思えません。「なんとかしてやり遂げないといけない」と自分を追い込んでしまうのです。

 そうなることが目に見えているので、ちきりんの場合は最初から「頑張らなくてもできそうなこと」を目標にします。そのため、ちきりんはよく「努力という概念を知らないヤツだ」とか、反対に「余裕があるよね、ちきりんはいつも」と言われるのですが……確かにそうでしょう。できることしかやらないのですから。

 「大丈夫かな」と思ってやり始めたことでも、「あっ、これはかなりの努力をしないと無理だ」と分かった時点でやめます。「お前ならやればできるはず」などと言われても、おだてられてやる気になったりしないよう気を付けています。

 そのほか、「そんなに頑張らなくて良いよ」と言ってくれた人の言葉を大きく書いて、会社のデスク前やPCの横など、すぐ目に付くところに飾っています。

 ちきりんの母は「大事な仕事に寝過ごしたら、神様にありがとうと言いなさい」とよく言っていました。「大事な仕事なのに起きられないくらい体が疲れている時に、無理矢理起きなくてよかった。そこで寝られたから、命と健康が守られたのよ」というのが母の理屈です。

 母にはほかにも「つらかったらすぐに逃げなさい」とよく言われました。頑張り過ぎるちきりんの性格をよく知っていたのでしょう。

 そのほかにも多くの親しい人が、ちきりんを救う言葉を残してくれています。つまんない失敗1つで地獄の果てまで落ち込むちきりんに「自分の失敗なんか、自分以外で覚えてる人はいないんだから、自分が忘れたらそれで終わりだよ」と言ってもらえて、どれだけ助かったか。この言葉を書いた紙は、今も自宅のPCに貼ってあります。

●性格の改造は可能だ

 というように、内に向かいがちな感情をコントロールするために、「心の持ち方の訓練」「できるだけネガティブに考えないようにする訓練」を続けていると、感受性自体も次第に下がってきました。さらに何十年の間には、性格、気質も変化し、最近は自分の性格についても「比較的いい感じじゃない?」と思えるほどです。

 この経験からちきりんは、「性格は変えられる」と確信しています。もちろん、「完璧なる脳天気さ」を発揮してくれる本当にすばらしい友人たちを見ていると、「あっ、無理。こうなるには300年あっても無理!」とは思うものの、自分の時系列比較(昔の自分と今の自分の比較)であれば、その変化はかなり大きく、「よく頑張った!」と自分で自分をほめたいくらいです。

 たいていの人にとって“成長”とはスキルが向上したり、知識や判断力が増すことを意味するのでしょうが、ちきりんにとっての“成長”とは「できるだけ鈍感になること」「あまり考えこまないようになること」であり、振り返れば“性格改造”こそが自分の成長の目的であり軌跡であったと思います。

 んじゃね。

※本記事は、「Chikirinの日記」において、2008年3月26日に掲載されたエントリーを再構成したコラムです。

【関連記事】
「国費留学した官僚の退職は許せん!」と憤るあなたへ
化繊の悲しさ――“お土産進化論”から見た経済格差
世の中に必要なヒトたち
「ちきりんの“社会派”で行こう!」連載バックナンバー

雑記帳 山崎宇宙飛行士の街頭パレード 千葉・松戸(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦第2局始まる 右上で新型出現(毎日新聞)
「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)
<パパイア>遺伝子組み換え輸入品、夏にも解禁(毎日新聞)
<茨城空港>春秋航空と上海定期便の就航交渉 橋本知事、強い期待感(毎日新聞)

HSUPA方式の携帯電話、ペースメーカーに影響せず(医療介護CBニュース)

 NTTドコモなどが昨年度導入した、「HSUPA方式」を用いて高速データ通信を行う携帯電話の電波が、心臓ペースメーカーや除細動器などの植え込み型医療機器に影響しないことが、総務省が5月17日に公表した調査結果で分かった。

 調査は、現在使用されている代表的な植え込み型心臓ペースメーカー41機種、植え込み型除細動器28機種を対象に実施。800MHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯のそれぞれの周波数で、HSUPA方式の携帯電話の電波が与える影響を調べた。

 その結果、除細動器に対しては、いずれの周波数でも影響がなかった。一方ペースメーカーでは、800MHz帯で最大で2センチメートル、影響のレベル6段階の2「持続的な動悸、めまいなどの原因になり得るが、その場から離れるなど、患者自身の行動で回復できるもの」の影響があった。ただし現在、800MHz帯ではHSUPA方式通信サービスは運用されていない。

 総務省の「各種電波利用機器の電波が植え込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」では、携帯電話を植え込み型医療機器の装着部位から離すべき距離を22センチメートルとしている。これは第2世代携帯電話の一部の機種が影響した距離15センチメートルを基に設定したもので、現在も第2世代携帯電話のサービスが継続していることから、総務省はこの指針を維持している。ただ、現在使用されている携帯電話全体の98%を占める第3世代携帯電話は、過去の調査で、影響するのは最大で8センチメートルとされている。
 総務省の担当者は、「第2世代携帯のサービス終了などがあれば、指針を見直す必要がある」との考えを示している。


【関連記事】
携帯で救急医療の効率化目指す
「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会
画像伝送システムを実証実験―消防庁検討会
携帯の画像伝送、救急現場で一定の評価
心臓ペースメーカなどの添付文書改訂を指示―厚労省

小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
ニセ女医事件、病院は医師検索システム知らず(読売新聞)
基地負担、沖縄より全国へ分散=政府の基本方針で―北沢防衛相(時事通信)
「仮面ライダー」マスクを無断販売=著作権法違反容疑、男を逮捕?千葉県警(時事通信)

仙酔峡の「ミヤマキリシマ」が見ごろ=熊本・阿蘇〔地域〕(時事通信)

 熊本県阿蘇市の阿蘇高岳の中腹にある渓谷「仙酔峡」で、約5万株の「ミヤマキリシマ」が見ごろを迎え、鮮やかなピンク色の花が訪れる人の目を楽しませている。
 ミヤマキリシマはツツジの一種。仙酔峡では、約900メートルの標高に自生し、ピンクの花が一面をピンクに染める。仙酔峡の地名は、仙人が花に酔うほど美しいと形容されたことから名付けられたとされる。
 例年は、5月の連休明けごろが見ごろとなるが、今年は気温の上がらない日が続いたため、開花時期が例年より遅いという。期間中はイベントも開かれ、多くの観光客が訪れる。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町
〔地域の情報〕県庁正門にミニ「熊本城」が登場-熊本県
〔地域の情報〕法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市
〔地域の情報〕壮大に広がる藤棚=福岡県八女市
〔地域の情報〕30周年目の朝市オープン=仙台市

御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)
パロマ中毒死 11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
乳児揺さぶり脳出血、虐待22歳父に猶予付き判決「卑劣も反省」(産経新聞)
パート女性“虎の子”貴金属1200万盗難(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。